東大阪市 歯科医院 のざき歯科

のざき歯科トップページ 診療方針 診療科目 医院紹介 スタッフ紹介 診察案内 歯科用CT撮影



のざき歯科は、診療品質にこだわります

診療品質にこだわります。そのためお一人様あたりの診療時間と通院期間は比較的長めになります。しっかりとご自身の歯を治したい!きれいにしたい!と思われる方にはぴったりですが、とりあえずだけでいい、痛いとこだけでいいという方にはあまり適さないと思います。
そのため、一日に診療できる人数は比較的少ないです。

診療時間は、30〜60分を基本としています。場合によってはもっと長い場合もあります。そのため予約診療を実施しています。予約診療にすることにより、効果的で効率的な診療効果が期待できます。

時間帯によっては、予約が取りにくい場合があります。

(診療予約の変更、キャンセルは前日までにお願いいたします。当日のキャンセルや無断キャンセルはお断りいたします。)




徹底した感染対策

とにかく、感染対策は医療機関に求められる必須のことです。あたりまえですが、機器、材料はすべて滅菌いたします。消毒レベルではなく滅菌レベルまでです。

(消毒=対象物に存在している病原性のある微生物を、その対象物を使用しても害のない程度まで減らすこと 滅菌=対象物に存在しているすべての微生物およびウイルスを死滅させるか除去すること

これを実施するには、
熱に強いものは、高圧蒸気滅菌 (オートクレーブ)
熱に弱いもの(歯ブラシなどの樹脂製)はエチレンオキサイドス滅菌。

の設備にて滅菌する必要が出てきます。

つまり、通常熱を加えることのできない機器、機材では薬液消毒が一般的なのですが、薬液につけるだけの消毒では、たしかに使用しても害のない程度までに減らせますが、当医院ではそれを許しません。滅菌レベルまで、すべての機材、機器において行います。
つまり、今まで滅菌しにくかったタービン(歯を削る機械)等にいたるまで、完全滅菌を行ない患者さん個々に交換しております。

また、使い捨てできるようなものは、徹底的に使い捨てにします。
グローブ(手袋)、エプロン、紙コップ、滅菌バッグ、注射針、カートリッジ、その他もろもろです。ゴミの量は多くなって環境負荷は高くなってしまいますが、安心度はぐっと上がります。 


当医院の滅菌システム

金属ものは手洗い後薬液が入った超音波で見えない汚れを落とします
歯を削るエンジンなど熱が加わると痛む物は、まずエンジンの内部を洗浄します
その後専用パックに入れて121℃2気圧20分かけて滅菌します
その後、他の器具と一緒に40℃のホルマリンガスにてガス滅菌します
そして患者様ごとに用意されます


品質の確かな材料

材料は、徹底的に吟味して選択しています。そのため材料費はかなり上がりますが、確かな治療成績が期待できます。
また、健康保険治療においての歯科用金属は、GC社のキャストウェルという金属を使用しています。この金属は、健康保険で使用できる最高級の金属です。当院ではこの金属以外は考えられません。

確かな歯科衛生士、歯科技工士との連係プレー

担当制にて歯科衛生士が、みなさんの口腔内を管理いたします。
補綴物(差し歯や金属の詰め物など)は顕微鏡を使用して高品質なものに仕上げています。
また、自由診療の場合は歯科技工士が直接、自分の目で色を確認させていただきます。
そして、仕上がりを患者さん、歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士にて相談いたします。

歯科技工士が、健康保険、保険外診療(自費診療)とどちらも、歯科技工用マイクロスコープにて補綴物(クラウン、インレー、ブリッジなど)を作成いたします。もちろん歯科医師も歯科拡大鏡(テレスコープ)による拡大精密治療を行っております。http://www.q-dent.jp/


最新の機器の導入

歯科界は日々進歩しています。それにつれて機器も導入、更新していっております

                      詳しくは「診療機器の紹介」をご覧下さい。

最新の歯科医療技術の提供

健康保険治療全般はもちろんのことですが
それ以外にもいろいろなオプションがご提案できます。

長期にわたってのメインテナンス

担当歯科衛生士が、みなさまを長期にわたって、お口の中を管理していきます。
一緒にがんばりましょう。






Copyright (C) 2010 東大阪市 歯科医 「のざき歯科」 All rights reserved.